喪失感しかない。第二幕

※成人向けです!!!※ 主にドラマCDやゲームの感想。

週末異世界スローライフ~白虎の赤ちゃんを育てたら番扱いされて、離してくれません~ を読みました。

異世界+スローライフ

サブタイトルはどう考えてもスローライフには思えないのですが…。

それでは続きを読む、から感想です。

簡潔な感想

全然スローライフじゃないです。

サブタイトルが物語の全てを語っています。

ラストは溺愛物……になるんですが、

何だか後味が悪く思えました。

話の運び方は面白くできているけど後味が…。

 

異世界と現実世界を行き来できる生活

主人公はおばあちゃんに「貴女は東の魔女の末裔なんだよ」と言われた女性。

まさか、そんなこと…と思っていたら

ある日彼女は獣人たちが暮らす世界にトリップ。

 

そうできたのはおばあちゃんの形見のペンダント。

魔力が込められた石が彼女の異世界トリップを可能にしたのです。

 

さて、こうなると

「主人公は異世界で生活していくのかな?」

となるんですが

実際はそうではなく。

ペンダントの力で異世界と現実世界を行き来できるので、

週末だけ異世界に行ってスローライフを送ることになりました。

 

ナンダッテー!ってなりました。

まあ転生じゃないしそうする選択肢もあるでしょうけども。

 

息子として育てていたけど……

異世界スローライフを送っていた時、

彼女は白虎の赤ちゃんに出会います。

彼は幼い王子。王として君臨した暴君の手から命からがら逃げてきた子です。

(残念ながら彼の逃亡を手助けしていた従者さんは亡くなってしまいました……。)

 

子育ての経験や知識など皆無な主人公は、

異世界で出会った獣人たちと一緒に彼の子育てに励むのでした。

 

子育てしていた子が主人公を母親として見なくなって……

というお決まりのパターンがこの作品でも存在します。

でもちょっと行き過ぎてるような…。

主人公と一緒に自分を育ててくれている雄の獣人に敵意剥き出しなのはちょっと…。

 

シンデレラストーリーとして見ることが出来ない

彼はそのまま王位に着き、主人公はお妃となるという云わばシンデレラストーリーなのですが。

これはちょっとそういう風に見られないんですよね…。

 

実は彼を息子として育てている時に

主人公は一緒に彼を育てていた獣人と恋人の関係にありまして。

これ普通にNTRです。

獣人にとっては恋人と一緒に育てていた息子に恋人をNTRれたってことになるんです。

 

それが無茶苦茶後味悪くって悪くって……。

獣人は「友達として振る舞うから」みたいに言ってましたけど、

読者から見たらもう……。

 

最後に

スローじゃないです。

ハードライフです。

スローライフの基準や法則が乱れます。

17年以上声優やってる声優さんの年齢が17歳という事象には敵いませんが、

何か乱れます。

 

今回は以上です。

ありがとうございました。